21世紀型ティーチャーズプログラム

「21世紀ティーチャーズプログラム」は、変化が激しい21世紀を生きるこどもたちを育てる先生のためのプログラムです。グローバル企業や先端的企業でも活用されている、人材育成や組織開発の手法や考え方(システム思考、U 理論、学びのデザイン、ファシリテーション、ダイアログ等)を取り入れ、学び手を中心においたダイナミックな学びの場づくりを体験を通して学んでいきます。「21世紀型スキル」や「アクティブ・ラーニング」など新しい学習のテーマに関心をお持ちの先生、これまでの授業運営に行き詰まりや物足りなさを感じている先生、こどもたちの新しい可能性をどうやって拓こうかとお悩みの先生と共に学びたいと考えています。

「21世紀ティーチャーズプログラム」第三期生募集中!応募フォームはこちら!
「21世紀ティーチャーズプログラム」第三期生募集!応募フォームはこちら!
ティーチャーズプログラム

体験すること

  • 教師になった自らの原点を振り返り、教育の未来、自身の未来について考える。
  • 教育の課題を構造的に捉え、当事者としての自らのメンタルモデルを知る。
  • 創発的な学びの場をデザインするための様々なスキルを体験的に学ぶ。
  • 思いを共有できる先生同士と出会い、学び合いを経験し、未来に続くつながりを得る。

目指す教師の姿

  • 変化を楽しみ、学び続ける教師
  • いつでもどこでも誰とでも、学ぶ歓びをつくり出せる教師
  • 未来をつくる志と誇りと技術を持っている教師
ティーチャーズプログラム

ラーニング・デザインチーム

ラーニング・デザインチームでは、教育学にとどまらず、様々な領域の第一人者をメンバーに迎え、世界最先端の学びを教師に届けるための学びのプロセスを設計します。

受講者の声

第一期生

井波 祐二先生

東京都立小山台高等学校 (東京都)

各分野のエキスパートである講師の方々から最先端の研究や理論・知識を学んだことも大きな意味がありましたが、それ以上に教員としての「あり方」を深く考察することができました。また、公立・私立、小・中・高校、民間企業人、と学校の枠を超えた人間同士で未来の教育のあり方を議論できたことも大きな意義がありました。ここで出会えた人たちとは、今では同じ信念をもつ仲間となり、自分の財産となっています。

第一期生

菅沼 雄介先生

山梨県立富士北稜高等学校 (山梨県)

小さくて具体的なこと、大きくてふわっとしていること。生徒や同僚、上司と向き合うなかで募っていく違和感。教師として対処療法だけでなく、根本的な課題解決と価値創造にむけて力を尽くしたい。そのときに必要なのは、違和感を共感・理解してくれる仲間、思考の枠組みを外側から捉え直すこと、あるいは安心して挑戦できる実践の場なのかもしれません。そんな出会いと気づきの機会が、ここにあると確信しています。

第二期生

吉川 晶子先生

百合学院高等学校 (兵庫県)

先日このプログラムを受けた0期から2期までの関西メンバーのみんなで集まって、飲み会をしました。それぞれの学校の話、悩んでいること、これからしてみたいことなど、いろんな話をしました。ほんの一歩を踏み出しただけで、仲間が増え、自分の世界も驚くほどに変化します。応援してくれる仲間、応援したくなる仲間ができる場所、それがTI(ティーチャーズ・イニシアティブ)です。新しい仲間募集しています!

第一期・二期生

堀川 浩二先生

育英西中学・高等学校 (奈良県)

「私たちの期待に応えてくれる生徒たちに、もっと何かを教えたい・・・。」そんな思いからこのプログラムに参加しました。でも、出会った皆さんと「対話」を通じて学びの場を実践的に作っていると、「教える」ことより「学ぶ」ことの重みに気づきました。それは子どもたちだけではなく、私たち教師にも向けられている、そんな気づきも得られるのが21世紀ティーチャーズプログラムだと思います。

実践事例

校内研修に使える『理想の学校』ワークショップ - 滝沢 薫先生 (三重県公立中学校)

人のストーリーから経済を学ぶ(現代社会・経済のしくみ) - 井波 祐二先生 (東京都公立高校、定時制)

協同的な授業研究(保護者懇談会・体育) - 山下 揺介先生 (埼玉県公立小学校)

演劇的手法を用いて「モチモチの木」を読み解く~21世紀型教育への挑戦~ - 濱元 徹美先生 (東京都公立小学校)

プログラムの内容を詳しく知りたい方は、以下ボタンより
「21世紀型ティーチャーズプログラム報告書(PDF)」をダウンロードしてください。

21世紀ティーチャーズプログラム報告書【2017】
21世紀ティーチャーズプログラム報告書【2016】
21世紀ティーチャーズプログラム報告書 2017
21世紀ティーチャーズプログラム報告書 2016